トップページ → 接骨医のぎっくり腰治療法

接骨医のぎっくり腰治療法

ぎっくり腰になってしまったらその治療はどうすればいいのでしょうか。基本的にぎっくり腰になってしまったときには、できるだけ動かず安静にしていることがいちばんだといわれています。可能であれば初期には腰を冷やし、回復期に入ると足のつけねなどを温めると良いとされています。

 

特に医療機関にて治療の必要がないという風に言われています。しかし、接骨医などでもぎっくり腰の治療は行われていますよね。これはどうした治療が行われているのでしょうか。接骨医の成り立ちなどもからめてその辺りを紹介していきましょう。

 

接骨医が行う治療法というのは日本古来より続いている剣術や柔術などにおける治療術を引き継いで確立されたもので、日本独特の伝統医療ともいえるでしょう。接骨医というよりも骨接ぎといった言い方の方がぴんとくる方もいらっしゃるかもしれませんよね。古くから多くの人々に親しまれてきた治療法だということです。現代では東洋医学の利点とともに西洋医学の論理的かつ体系的な医療法なども取り入れられています。

 

そうしたことからも低周波や高周波、超音波などを使った電子医療機器なども導入しているところが多くあります。そのため骨折や腰痛の他、多くの疾患の補助的な医療として安定的な評価を得ているのです。接骨医が取得する柔道整復師という視覚は国家資格となっています。

 

生理学の中でも特に解剖学についての深い知識がなければ合格できないといわれています。ですので、ぎっくり腰になったときに接骨医で治療をうけたいのであれば、初期の炎症を鎮めるといった目的よりも回復期の痛みの軽減などのために利用するといいでしょう。

 

ただし、ぎっくり腰になってからの安静治療で激しい痛みがほとんど改善されないといった場合には、念のために整形外科医などで骨や骨格などに異常がないかどうかの検査も受けたほうがいいでしょう。脊椎自体には心配がないという点を確認しておくだけでも、接骨医の治療がより的確にうけられることになります。

 

また、接骨医による治療の効果も期待できるようになります。ぎっくり腰になったあとの腰の保護方法や再発の防止、また慢性的な腰痛の緩和といったことは接骨医が得意としている分野の治療です。

 

腰のコルセットや矯正テープなども自己流で装着するよりも、接骨医の指導を受けての装着のほうがより適切に行えるといったものです。ちなみに、接骨医で行われるほとんどの治療には各種保険が適用されることになっています。ですので費用の負担をそれほど心配する必要はありません。