トップページ → 目の疲れをとる栄養素たち。やはりビタミンか!

目の疲れをとる栄養素たち。やはりビタミンか!

目の疲労と関係している栄養素の中には、ビタミンがあります。適切な量を摂取することで良い効果を期待できるので、普段の食事の中で意識してみるといいのではないでしょうか。

 

では、A〜Eまであるビタミンの種類に応じて、それぞれどのような効果が得られるのかということを具体的に説明していこうと思います。ちなみに目に良い栄養だけを配合した専用サプリもありますのでそちらを利用するのも検討しましょう。参考サイト:目の疲れに効くサプリランキング最新版

 

まずビタミンAでは、角膜や網膜の働きをサポートする働きが得られます。それによって、涙の量を維持することができるため、目の渇きを抑えることができるのです。なお、ビタミンAが含まれる食材としては、ニンジン、マーガリン、うなぎ、小松菜、レバーなどが挙げられます。

 

続いてビタミンBでは、視神経の活動を活発化する働きが期待できます。視神経の活動というのは、目の粘膜組織を生成する上で不可欠なものなのです。摂取できる食材には、いわし、かき、さんま、あさり、納豆、まぐろ、たらこ、バナナ、豚肉などが挙げられます。

 

ビタミンCでは、水晶体の透明度を維持する効果が期待でき、また目をリフレッシュさせることができます。赤ピーマン、菜の花、芽キャベツ、ブロッコリー、みかん、イチゴなどから摂取することができます。四つ目のビタミンDは、一番最初に説明したビタミンAの吸収効率を上げてくれます。酒、まいたけ、きくらげ、干しシイタケなどから摂取することが可能になります。

 

最後のビタミンEは、血行の促進、そして老化予防が期待できます。食材としては、かぼちゃ、うなぎ、ハマリ、アーモンド、くるみなどが挙げられます。ビタミンにはそれぞれ発揮できる効果があるため、是非普段の食事の中でも意識して見てみてください。