トップページ → 腎臓病によくあるたんぱく尿や血尿の症状

腎臓病によくあるたんぱく尿や血尿の症状

腎臓病の症状には様々なものがあります。ここでは、その中のたんぱく尿・血尿について紹介していきます。
まず初めに、たんぱく尿とは、文字通りたんぱくが多く含まれている尿のことを言います。この尿が検出されると、何かしらの病、(例えば腎臓病)を患っている可能性が高いため、ひとつの判断の基準となります。
もう少し具体的に説明していきます。

 

たんぱくは通常、腎臓内にある糸球体といういわゆるフィルターのようなものによってろ過されます。そして、その後は尿細管というところで再度吸収され、血液中に戻ることから、本来であれば尿内に含まれるたんぱくは微量になります。つまり、もしも尿たんぱくだと診断された場合には、腎臓病などを患っている可能性が高いということになります。

 

続いて血尿について説明していきます。赤血球が尿に多く含まれた場合に、そのような名称で呼ばれます。こちらもたんぱくと同じように、本来であれば尿内に含まれる量は少量なのですが、糸球体、尿管、膀胱に至るどこかの箇所に何かしらの異常が生じると、血尿になるようです。また、血尿は程度によってそれぞれ名称が異なります。

 

顕微鏡的血尿と肉眼的血尿の二つです。顕微鏡的血尿は、肉眼での認識ができず、顕微鏡を用いることでようやく目視できる程度の血尿のことを指します。

 

また、勘の鋭い方はすでにご察しかもしれませんが、肉眼的血尿は顕微鏡を用いなくとも肉眼で認識できる程度のものを指します。肉眼的血尿には茶褐色尿から鮮血色のものまでがあるので、もしも異変を感じたようでしたら、すぐに検査を受けるようにしましょう。